記事一覧

2021新作 ロレックス コピー オイスターパーペチュアルデイトジャスト 178344G

图片描述

サイズ ボーイズ
ケース径 31 × 31 mm
ムーブメント 自動巻き
防水性能 100m防水
風防 サファイアクリスタル風防
仕様 日付表示
3針
付属品 メーカー純正BOXあり
国際保証書あり
ケース素材 18Kホワイトゴールド/ステンレススチール
ケース / 宝石 ダイヤ
ベルト素材 ステンレススチール
ベルトタイプ
ブレス ベルトサイズ計り方
文字盤カラー シルバー

時計愛好家にロレックスについて尋ねると、レアなヴィンテージのデイトナや、新しいGMTマスターに搭載されたバイカラーのハイテク素材・セラクロムベゼルについての話を聞かされることがあるでしょう。ロレックス 偽物それでも、コレクターや愛好家のあいだでデイトジャストの話題に飛びつく人は稀です―間違いかもしれませんが。ロレックスのなかでも控えめな存在のデイトジャストは、本物の歴史、万能なスタイル、高品質な時計製造という素晴らしい要素が組み合わされており、カジュアルな時計を愛用している人から熱狂的な愛好家まで、誰もが興奮するはずです。今回、現行型(訳注:掲載当時)の36mmサイズのデイトジャストを試着しながら、この時計の起源と、なぜこの時計が史上最高の時計のひとつであるのかを詳しくご紹介します。


本物の歴史、万能なスタイル、そして質の高い時計製造。ベーシックなデイトジャストは、カジュアルな人から熱狂的なファンまで、すべての人を魅了します。

ロレックスが地球上で最もよく知られた時計メーカーであることは疑いの余地がなく、世界で最もよく知られたブランドの一つであることも言うまでもありません。その理由を、莫大なマーケティング予算やその他の目に見えない資質の成果であると考えるのは簡単だし、それらが一因であることは確かですが、会社とその製品そのものの歴史を無視することは、全体像を曲解することになります。デイトジャストは、今日まで残っている初期のモデルのひとつであり、ロレックスがロレックスたる所以を説明する完璧なレンズとなっているのです。

ロレックスは1905年にハンス・ウィルスドルフによって設立されましたが、当初はイギリスを拠点とするウィルスドルフ&デイビスという社名でした。1920年にウィルスドルフが仕入先のあるスイスに移転させたのを機に、社名をロレックスSAに変更し現在に至ります。ブランド名は、どの国の言葉でも発音しやすく、ダイヤルに短くエレガントに配置したいというウィルスドルフのこだわりなど創業時からの小さな洞察が、ロレックスの現在を知る上で大きなヒントとなっているのです。このような小さな決断の積み重ねが、のちに大きな影響を与える分岐路となったのです。

さて、そのデイトジャストを紹介しましょう。初代デイトジャストは、1945年にロレックス社創立40周年を記念して発表されました。ジュネーブのホテル・デ・ベルグ(現在はフォーシーズンズホテルとなっており、クリスティーズの伝説的なロレックス デイトナのオークション“レッスン・ワン”が開催されました)で、ウィルスドルフ自身が開いたこの催しで発表されました(時計に当初から付属していた新しいブレスレットの名はそれに因んで付けられました)。このモデルは、自動でデイトが変わる自動巻き腕時計の初号機です。今でこそ時計を持っている人にとって当たり前の機能ですが、40年代には大きな変革をもたらしたのです。

デイトジャストは、もちろんオイスターケースに収められていましたが、これもまたロレックスの偉大なイノベーションのひとつです。1926年、オイスターケースは世界で初めて量産に成功した防水腕時計ケースであり、世界初の完全一体型防水ケースでもありました。それまでの防水ケースは、アウターケースをメインケースにはめ込む面倒な代物だったのです。

また、ムーブメントを自動的に巻き上げるパーペチュアルローターは、ロレックスが最初に実現しなかった数少ない革新的技術のひとつです。1928年になって初の自動巻きムーブメントを発表しましたが、これはハーウッド社が3年先駆けて市場に投入していました。デイトジャストには先に述べた新しいブレスレット“ジュビリー”が装着されました。もともとジュビリーは時計本体の名称として検討されていましたが、最終的には現在の美しいリンクを持つブレスレットのものとなったのです。

初代デイトジャストは、Ref.4467で、イエローゴールドと、それに対応するイエローゴールド製ジュビリーブレスレットのみが用意されていました。このモデルは、クリームがかったホワイトのオープンダイヤルで、時間を示すゴールドのバトン針と、偶数日を赤、奇数日を黒で表示するルーレット式のデイト表示が取り付けられていました。このとき、風防にはサイクロップレンズはなく、これは1955年にデイトジャストに搭載されたロレックス初の技術です。12時位置に“Rolex / Oyster Perpetual”表記、6時位置に“Chronometre”表記が配されています。ベゼルには、1960年代に強調されるようになった軽やかなフルート(溝)加工が施されていました。